秋のイベント運動会。息子の晴れ舞台を目の当たりにして僕が感じたこと。

友だち追加

Instagram

 

こんにちは。岩崎裕矢です。

最近一気に寒くなりましたよね。

秋は終わり、もう冬なんじゃないかってくらい凍えている僕がいます。

食欲、芸術、スポーツと言われている秋。

みなさんは秋を感じられていますか?

 

秋のイベントの1つ。

 

運動会

 

 

仕事、仕事と優先してきた僕ですが今年の

運動会で長男は幼稚園最後の運動会。

 

お客様にはご迷惑をおかけしましたが、お休みをもらい参加してきました。

しかも今回は息子が園児代表として選手宣誓をするらしい…。

 

僕は期待半分、不安半分。

 

 

みんなの前で緊張しないで

しっかり言えるかな?

 

 

『さいごまで、ちからいっぱい、がんばろー!!!』

 

短い選手宣誓でしたが、話すときに滑舌が悪く、よく噛んでしまう僕とは違い、ハキハキと元気な声でした。

 

「凄いぞ!!息子!!」

 

 

選手宣誓が終わり競技開始。

 

障害物競争

 

鼓笛隊の演奏

 

組体操

 

 

そして次はカッコいい父親の姿を見せられるチャンス!!

親子競技の大玉転がし。

 

 

よく、お客さんから「運動会の時に張り切りすぎて転んじゃうお父さんいるよね~。クスッ笑」

とか、聞いたことがあるので、転ぶわけにはいきません。

 

 

子供のペースに合わせながら

コロコロコロ~

 

 

普通過ぎて全然カッコよくありません…。

 

 

 

その後、奥さんが早起きをして作った弁当を頬張ります。

 

 

 

昼食が終わると

いよいよ最後の競技が始まります。

 

 

 

僕が一番楽しみにしていた

クラス対抗リレー。

 

 

 

楽しみにしていたのも、運動会前日に

こんな事がありました。

 

仕事が終わり僕が家に着いた時刻は21時。

 

普段はとっくに寝ている息子も明日の運動会が楽しみで眠れないのか元気いっぱい。

そんな息子に

「ねぇねぇ、おとうさん。どうしたら

はやくはしれるの?」

 

僕は明日の運動会のリレーで速く走りたいのかな?と察して、

「教えてあげるからおいで」と一言。

 

外に出て、走る姿を見ましたが、いかにも遅そうな走り方…。

 

速く走りたいと言う息子の力に少しでも

なれるいいなと

「腕を大きく振って、足をあげて走るんだよ」と何度も何度も、手取り足取り教えました。

 

 

その練習の成果がいよいよ見られます。

 

 

位置について、

ヨーイ、ドン!!!

 

 

スタートと同時に

一斉に走る園児達。

 

息子の順番がくるまでは、バトンを受け渡す

タイミングがほぼ同時。

僕の心境は、はらはらドキドキ。

 

 

そして、ついに息子の番。

 

4人同時にバトンを受け取り、走り出しました。

 

「ガンバレー!!!」と

自然に大声が出ましたが応援も虚しく、一緒に走っていた子供達にだんだんと離されていく。

 

息子が次の人にバトンを渡す時には

かなりの差が開いてしまい、最下位でバトンを渡しました。

 

 

その結果、クラス対抗リレーはビリ…。

 

 

運動会が終わり息子は

早く走れなかったぁと落ち込みながら僕に言ってきます。

 

そんな息子に僕は

『諦めないで頑張れば、出来ないことはないんだよ』と、声をかけました。

 

 

 

 

実は僕も今、たくさんの壁があり、ぶち当たっています。

 

ただ、何事も本気で頑張れば楽しいし、出来た時の達成感が物凄く嬉しい。

 

まだまだ成長したいところがある僕は

たくさんの壁を乗り越え、息子に恥じない人になっていきます。

↓ご予約はこちらから↓

☀️Tento- をお友達に追加☀️

友だち追加

☀️Tento- インスタグラムをフォロー☀️

Instagram