桃太郎はなんで鬼ヶ島に行ったんだろ?

友だち追加

Instagram

 

先日、久しぶりに風邪をひいてしまい、お休みをしてしまいました。

僕に会えなくて寂しかった方や僕に会えなくて寂しかった方。それよりもオメー休んでんじゃねーよー!髪が重い!この白髪どーすんだ!とお怒りの方や、やっぱり僕に会えなくて寂しかった方々。本当にすいませんでした。外出時は格好つけず予防のマスクをしっかりする様にします!こんな風に書いてますが本当に反省しています。本当にごめんなさい。

もうバッチリ完治の

代表ヤマグチアキラです。

今日はそんな風邪っぴき真っ只中、ベッドで深く考えた事をなんとなくブログに書いてみたいと思ったのでスマホをポチポチします。

 

風邪のせいでノドが痛く、話す事もままならない時、僕は睡眠と読書の時間が増えます。

歳をとってきたからなのか最近、長時間睡眠がとれなくなってきました。

一回の睡眠で3,4時間。若い頃はあんなに眠れたのに、ピクッと起きてしまうので、そのあとまた睡魔が襲ってくるまでの約1時間を読書の時間に当てています。

小説やビジネス書やニュース。ブログ、マンガだって今の僕を作ってくれた恩人のような存在なので僕の中では、れっきとした読書に入ります。

小説やマンガ、映画、舞台、歌の歌詞なんかの物語と呼ばれるモノには必ず主人公やヒロイン、脇役がいます。当たり前だけど描き方は作者やその物語によって全く異なっている。

読者や観客は主人公やヒロイン、脇役に感情移入したり、それを俯瞰して読んだり、観たり、自らの喜怒哀楽の感情に心を動かしそれらを楽しみます。

 

があることや画があることで残念ながら駄作と呼ばれてしまった作品もあります。だから写真のネタ切れとかそんなんじゃなくて今日のブログにはあえてサムネの写真しか使いません。(久しぶりに僕が描きました。)

頭の中で絵を想像する事は大切だから。

あ。こーゆー文字だけじゃなくてラジオもそんな感じで想像できたりするので脳トレとしてオススメです。

 

さて。話を戻します。物語。たぶん僕が一番最初に覚えた物語は「桃太郎」だと思います。いわずと知れたきっと日本で一番有名であろう物語。今、あなたはソラで語れる物語は何個ありますか?細かい設定がたくさんある物語はなかなか語る事が難しいですよね。

1つの物語を見て、強く記憶に残る1シーンか2シーンは語れるんじゃないかな?とかとかですよね。僕もきっとそうです。

そんだけ人の記憶は曖昧なんですね。

凄く天才的な人は覚えているんでしょうけど僕には無理ムリです。

 

不定期ですが、こーしてブログを書き出してから約2年が経ちます。ブログを書く以前、フェイスブックの投稿だと、もうかれこれ7、8年。

フェイスブックの投稿って、昔、自分が書いた記事が1年前のあなたはこんな投稿してましたよー。って出てくるんですね。1年前だけじゃなくて、3年前、5年前、僕が確認しているのは7年前のもありました。

その自分が書いたブログだったり投稿だったりを読むと文が稚拙だったり、自分だからこそわかる格好つけだったりで恥ずかしかったり。なにげに良い事書いてんじゃん!ってなったり一喜一憂するんですが。。

以外と忘れているモノも多くて驚きも多くあります。

 

さー。ここからが本題です。

お目クソを取って、まばたきをよくしてから読んで下さい。

また妄想族な僕の戯れ言ですがもうちょい読んでくださると、フーム。。そーかもしんないなー。とか、15へぇくらいはもらえる気がするので、できたら最後までよろしくお願いします。

先ほど書いた通り、人間の記憶って本当に曖昧なモノですよね。1つの物語を知って、良かった!楽しかった!あのシーンが!っていうザックリした記憶は残るけどそれに至るまでの細かい描写は覚えていたり覚えてなかったりで、結局は、曖昧。

【記憶は曖昧】って事はですよ?その強烈に残った記憶の1つや2つでザックリと自分で良いか悪いかを判断しているって事になりません?

細かい伏線を張った物語の序盤から中盤。重要なシーンで主人公がとった選択。そして最後のどんでん返し。

この重要なシーンでの選択どんでん返しは強烈だから脳が勝手に覚えてしまうという事です。

 

物語を例にずっとお話を書いてきましたが、この物語を自分のこれまでの人生に置き換えてみて下さい。

 

良い思い出。悪い思い出。十人十色、様々な思い出があると思います。

でもよく思い出すと悪い思い出ってそんなにないと思いませんか?僕は正直あまり覚えてないんです。覚えていても今はそれを笑い話のネタにしてしまえるくらいです。

辛い思い出、悲しい思い出。などなど、マイナスイメージの悪い思い出って楽しく生きる為に必要ないから段々と忘れる様に脳が勝手にしているらしいです。

 

「それでも忘れられない事もあるよ?」

はい。わかります。

スタッフである僕の妹のトモエがたまにそう言ってきます。「だって、昔はあーだった。こーだった。」って。

彼女がこんな黒鬼トモエ(略してKOT)になったとき、必ず僕は「ふーん。で?だから?なに?」って返します。

 

なんか可哀想なアタシをわかってよ~。って聞こえるんですよね。

「かまってちゃん」です。

こんなKOTを僕は桃太郎の様にバッサリ切り捨ててやります。

理由はそんなの言ったって誰も同情しないし、認めてくれないから。もし、同情してくれる人がいたらそんなの表面上だけだと思います。

これって桃太郎で言ったら鬼倒しに行く!って言うて、実物見て、アワワ~って逃げちゃうようなモノ。

美容室で言ったらカット中、バックだけ切って、サイドと前髪にめちゃくちゃ強いクセを発見!(単にカウンセリング不足)切ったらおかしくなってしまいそうだからやっぱり切れません!(技術不足)って途中で終わるみたいなもんです。

シャンプーならすすぎをしないようなもの。

最悪ですね。

そんな店、確実にお客さんが来なくなります。

 

認めてもらいたいのなら、きっちりとした事をしないといけない。

 

目の前の重要な選択をする事。

最初はおじーさんとおばーさんに頼まれたのかもしれないけど、鬼ヶ島へ行って鬼を退治すると決めたのは最終的には桃太郎自身です。

みたらし団子じゃなくてきび団子でいいの?

猿と犬と雉を仲間にするの?

ゴリラと狼と鷲じゃなくていいの?

一体、どんなラストを迎えたいの?

それで鬼倒せる?

 

 

そして大切な事は

 

 

 

 

今までは今まで。

過去は変えられないから。

これから。

この物語(人生)の主人公は

自分だという自覚。

 

 

【選択】… 多くのものの中から、よいもの、目的にかなうものなどを選ぶこと。

【どんでん返し】…正反対にひっくり返すこと。話・形勢・立場などが逆転すること。

 

Let’s make a good choice and win in reverse!

良い選択をして逆転勝利しよう!

 

 

今日も良いお天道さま☀️❤️

皆さんに素敵な未来が訪れます様に✨

も~もたろさん🎵ももたろさん🎵

お腰につけた~きびだんご~🎵

1つわたしにくださいな~😁

 

 

 

↓ご予約はこちらから↓

☀️Tento- をお友達に追加☀️

友だち追加

☀️Tento- インスタグラムをフォロー☀️

Instagram