ポルトガル領だったマカオへ!夢の超豪華ホテルでクラックラ☆

友だち追加

Instagram

相澤ともえの初海外旅日記!間が空きすぎてしまったのでおさらいです。

1話はこちらから

2話はこちらから

なんてハードな午前中を過ごした後は、いよいよマカオ島へとGO!!

ガイドの長さんとはここで一旦お別れ。

香港とマカオをつなぐ高速船で約1時間。

面積は東京都の板橋区と同じくらいの小さな国、マカオ。

約100年間、マカオはポルトガルの植民地だったこともあり、植民地時代の遺跡が数多く残っています。

そして、その歴史的建造物などは世界遺産登録されその数およそ30!!

板橋区と同じぐらいの所に、世界遺産が30ヶ所もあるって、ほんとすごい(*≧∀≦*)

1時間の旅、ゆっくり休んで体力を温存し

高速船を降りて待っていたのは、

マカオガイドのキョさん!

キョさんは話し方にとってもクセのある人で何かお話しした後には少し間が空き、

そのあと必ず、

「え”っ」と言う声が出てしまうんです。

そのキョさんの、話し方のリズム。だんだんと、キョさんがいつ「え”っ」を言うのか、タイミングを合わせゲームをして勝手に盛り上がってました。

ポルトガル領だった事もあり昼食は

著作権的なもの大丈夫??ww

ピノッチオww

ってな感じのお店で、

美味しいポルトガル料理とマカオビールを堪能。

初めてポルトガル料理、このエビがピリ辛で1番お美味しかったです。

[世界遺産観光]

お腹を満たした後は聖ポール天主堂跡やセドナ広場の観光へ。

[聖ポール天主堂跡とは]

17世紀初頭、イタリア人宣教師によって設計されたとされ、その建築には江戸幕府からの弾圧を逃れた、日本人キリスト教徒も携わったそうです。完成当時は、東洋一壮麗な教会といわれていましたが、1835年、火災に見舞われ、ファサード(正面の壁)を残してすべて焼け落ちてしまいました。現在は、地下聖堂には展示室が置かれ様々な遺品が展示されているほか、日本人殉教者の遺骨も安置されています。

ガイドのキョさんの話や、

あとから自分で調べてみて驚きました。

日本とマカオがこんな形で繋がっていただなんて。

そして、壁の彫刻にも色々な意味がありました。

[壁の彫刻]

最上段部は精霊の階。

青銅の鳩の右に月、左に太陽が彫られています。

2段目が救い主の階。

中心のキリスト像の際祐には茨の冠、鞭、金槌3本の釘、長槍等が彫られています。

3段目の右側には7つの頭を持つ龍が彫られておりその上に聖母が乗るように作られています。

一説にはこの7つの頭を持つ龍が徳川家康を表しているとも指摘されている。

上から4段目には4人の聖者が立っています。右から2人目の像は、日本でも有名なフランシスコ・ザビエルです。

一番下の階層には「MATER DEI」と文字が彫られています。これはラテン語で「神の母」という意味であり「聖母」を意味しているのです。それが聖母教会と言われる理由となっています。

ちょっと凄くないですか?

徳川幕府に弾圧された日本人キリシタンが、マカオの人達と一緒にこれを作り上げ、その徳川家康に対する悔しい想いが彫刻を通して伝わってくる。歴史をものすごく感じられる。

カタチあるものに残してくれたからこそ伝わるもの、デジタルもいいけど、アナログもいいな。

これからここの場所に行かれる方はぜひ、そんな日本の歴史や、日本人キリシタンの想いを感じとっていただきたいです。

[セドナ広場]

広場が世界遺産になるって何?

って感じてたんですけど、ヨーロッパ調のかわいい色の建物や、噴水がありプチヨーロッパ気分、ポルトガル気分が味わえるとってもキレイな場所。

その色使いにコーフン!日本にはない景色。

どうして国によってこうも色彩感覚が違うんだろ??

と、気になったことはすぐに調べました!

その1つは、

お天道様の光によって見え方が違うそうです。色の見え方は太陽光の波長によって変化します。なので赤道に近づくほど赤みが強調され、赤道から離れるほど青みが強調されるという特性があるそうです。

もう1つは、

瞳の色だそうです。

それによって光の感じ方や色彩感覚が影響を受ける場合があります。光の感じ方はメラニン色素の数によって変わり目の色が濃い人より、目の色が薄い人は2倍眩しく感じているそうです。

ほかにも国によって文化や宗教的なもので、色の持つイメージが違います。

マカオでは、

ピンクは[幸せ]

きいろは[お金持ち]

緑は[健康]

と言う意味があるそうで、この色の美しさを保つため、1年に2回塗り替えているそうです。

太陽は赤って誰が決めた?

みんなと一緒、多数派なら安心、周りの目を気にしがちだった私は、狭い世界で世の中をみていた事に気づかされました。

これからはもっとテントーカップのような作品作りに力がはいりそうです

世界遺産をグルグルと観光したあとは、

世界一の高さからバンジージャンプが堪能できる

マカオタワーへ行ってきました。

残念なことにお天道様は味方せず、最高の眺めを見ることが出来ませんでした。

ただ、ちょうどバンジージャンプに挑戦している方がいて、落ちていく姿を目撃することが出来ました。

このマカオのバンジージャンプ。

飛ぶのに約5万円ほどかかります。

お値段も高さも世界一です。恐ろしい。

ただ、お金があれば私も挑戦したかった!

色々な悔いが残るマカオタワーには必ずリベンジに行きます!!

どんより空が悔しい〜!!

世界遺産だったり世界一のバンジージャンプだったりと色々と豪華なマカオ。

忘れちゃいけないのが、やっぱりコレ!

カ☆ジ☆ノ!!

カジノと言えばラスベガス!という人も多いかと思いますが、なんのその!

2013年にマカオのカジノは、ラスベガスのカジノの売上の5倍をたたきだし、ずっとラスベガスのカジノを上回っているんです!

ゴージャスカジノ大国マカオ!

私達が泊まるホテルも、そんなカジノの施設がある超ゴージャスホテルでした。

ホテルというよりは超複合施設。

建物の中には運河が流れているし、劇場はあるし、カジノはあるし、お洋服屋さんはあるし、食べ物屋さんはあるし、、、

なんでしょ、お台場のビーナスフォートの巨大版な感じでした。

泊まる部屋まで行くのに、めちゃ歩く、めちゃ迷うし、で大変でしたが、お部屋は全室スイートルームという、超ゴージャス!ゴージャスルーム過ぎて息子と2人じゃもったいないくらいの広さでした。

美味しい夕食後には、キレイな夜景を眺めにいき、

移動で疲れはてた私は、即寝…。。

ただ、さすがあの2人。

あの2人は違ってました。

こんなチャンスに寝るなんて。

ギャンブラーAkira

ギャンブラーShoko

は、カジノのへと消えていきました。。

つづく。。。

↓ご予約はこちらから↓

☀️Tento- をお友達に追加☀️

友だち追加

☀️Tento- インスタグラムをフォロー☀️

Instagram