日本出発!なぜメキシコ・カンクンに美容室?を詳しくお話しようと思います。

友だち追加

Instagram

オラ!(スペイン語でオスッ!とかやぁ!の意味)

どもTento-代表山口晃です。

出国してから10日が過ぎ、コチラの生活にもだいぶ慣れて来ましたのでペンを取ります。

 

 

2018/12/18

ついに僕は奥さんであるショーコと日本を出発しました。

 

たくさんの人に見送られて…

 

【美容と経営plan】という美容誌の12月号で僕と対談した阿佐谷3349代表の柴田修平氏と中野coma代表のヒデちゃんこと岩田秀宣氏。

そして僕。

傾奇者三羽ガラスとは俺たちのこと。

本当にバタバタでごめんね。出発前にふたりとゆったりまったり一服したかった…。(ヒデちゃんのキセルも吸いたかった…)

 

【サロカリ】を通じて仲良くなったみんなとTento-を支えてくれている美容ディーラー、美容メーカーの皆さん。

しんたろう・アツキ・たかし・石井さん・コキタさん・マキ・南村くん・津村くん・おさむん・あつし・リョウちゃん

お休みの火曜日だとは言え、みんなが朝早くに家を出たと思うと、胸がいっぱいでした。わざわざ熊本から来てくれたあつしは本当にクレイジー野郎過ぎて、頭真っ白になりました!おさむんと東西南北村?くんと津村くんとリョウちゃんは仕事あるのにマジで感謝。

 

番長・裏番の幹部ふたりが号泣するTento-のメンバー。やっぱり僕も涙が出た。

 

家族以上の家族。

 

見送りに来てくれた皆さん。

想いのこもったお手紙や寄せ書きを書いてくれた皆さん。

そして、ひとまずのラストカットに来てくれてプレゼントや餞別までくれたお客さん。

激励メールをくれた皆さん。

本当に本当にありがとうございました!

皆さんの気持ちがすべて僕たちのパワーの源になっています。

飛行機の中で読んだ手紙達がヤバくて、スッチーさんにティッシュをもらいました。

 

ありがとう。。ほんとにありがとう。。

 

俺、そんなに皆になんかしたのかな?

なんでこんなにしてくれるのか正直わかりません。。自分のしたい事をして、言いたい事を言っているだけなのに。。。

あんまり考えると迷宮入りするし、他の事考える事ができなくなるから、誰か教えて下さい。

 

 

さて

 

メキシコ・カンクンの現在時刻は

12/28 お昼前の11:00

日本は 12/29 深夜1:00

日本にいる皆さんがこちらより14時間進んでて、追いかけている時間感覚です。(追いつかないけど)

ぴったり14時間なのが気持ちいい。

 

寒い日本の皆さんには申し訳ない気持ちになるけど、コチラの気候は12月でも半袖で過ごせます。けれど朝夕は少し肌寒く感じて湿度は高めです。

日本の気候だと5月のけっこう温かい日を想像してくれたら良いと思います。

 

僕たちのとりあえずの住まいは

【カサ吉田】さんというバックパッカー御用達の5ツ星のお宿です。(通称カサヨシ)

バックパッカーの方や僕らの様にひとまず、とりあえず…な方々が代わる代わる泊まっています。

なんと1人一泊約1500円!(現在レートだと)

2日に一回はお部屋の掃除、ベッドメイキングをしてくれて、朝食は食パン、バナナ、コーヒーがつきます。

オーナーのLULUさんは超優しいし

とても快適なお宿です。

 

これから住もうとしている家の賃貸契約。そしてTento-カンクン店を出す為には切り詰めて節約しないとダメなのです。

5年前~3年前まで、現在のTento-を出す為に狭いワンルームに当時、彼女だったショーコと暮らしていた頃を思い出します。

 

初心です。初心。

 

日本の当たり前は通らない。

メキシコの当たり前を受け入れる。

 

とにかく僕は赤ちゃんの気持ちです。

38歳の赤ちゃん…気持ち悪いですね…

 

けど、この感覚はとても大切だと思うんです。

新しい事をやるのに、今までの事なんか関係ありません。全部とは言えないけど…そんくらいの気持ちでいないとオカシクなります。

贅沢なんかしてたら気付かないうちに歪みが生まれる感じ。

なので断固。節約赤ちゃんです。

 

地元のスーパーでお買い物して…

 

キッチンで料理

 

メキシコ初の自炊は

牛肉とじゃがいもとほうれん草のソテー。

 

味は…まぁまぁでした。

何でも食べるショーコはうんま!って言ってましたけど…。

 

 

何故メキシコ・カンクンに?

 

さてさて、タイトルにある何故、メキシコ、カンクンにお店を出すのか?をお話していきたいと思います。

テントーのブログを読み続けてくれている方は知っていると思うけど、僕とショーコはここ、カンクンに約2年前に新婚旅行に来ました。

 

それは旅行会社に勤める僕のお客さんからのお勧めもあったんだけど、日本の歴史、世界の歴史が好きな僕はマヤ文明やアステカ文明などにも、ものすごい興味があったから。

 

興味を持った入口は手塚治虫さんの漫画「三つ目がとおる」です。

動機として、なんだか最高な気がするのは僕だけかしら?漫画の神様から与えられた使命みたいな感じですw

 

栄華を誇っていた文明が亡くなる。

謎だ!!?何故に!!?

どしたー!!って、

むしろミステリーハンターになりたいじゃない?いやそれよりもパネラーになってスーパーひとし君をドヤ顔で置きたいじゃないか!!んで本物のひとし君に答えを最後に開けてもらって正解かも!むふふってドキドキしたいじゃんか!!それも窓際のトットちゃん改め黒柳さんポストじゃなく、永遠にクンづけの野々村ポストで!!ジャイアントキリングを起こしたい!!

 

と、まあ

 

僕は答えが1つと決まっている、いわゆる理数系がとても苦手な男で、終わり方で賛否両論が起こる選択肢が幾つもあるタイプの物語などが好きな男な訳です。(自由な発想が心地良い)

 

小6の時の夢は探検家でした。映画「グーニーズ」とか「インディジョーンズ」に憧れを抱いていた。勇気を持って進むハラハラドキドキなスペクタクルアドベンチャーが格好良いいぃぃぃ!って。

ん…

スペクタクルって口に出して言うとなかなか難しいかも。でもすんなり言えたら気持ち良いヤツだ…

 

 

ま、とにかく

 

こんな感じでとにかく文明が好き過ぎる事、そしてその跡地の遺跡もある。そしてセノーテ(聖なる泉)もカリブ海もあるメキシコ・カンクンが好きなのです。

 

そしてもう1つ。

それは中南米特有の人の明るさと温かさ。

なんだか昔の下町みたいな感じです。

メキシコと聞くと、どうしても麻薬やマフィア、とにかく危険!とか、そんな事を思い浮かべる人が多いかもしれません。

だけど、僕が接してきたメキシコ人の人々は良い人の方が圧倒的に多い。(カンクンだから説もアルカポネ…w)もちろん悪い人だっていると思うから安心してはダメだけれど、それは日本に居たって同じ事が言える。(歌舞伎町は恐ろしいと警察24時で言ってたし…)

 

1つ例を出します。

時刻は夜8:30。エレベーターでたまたま一緒になった見知らぬ人がニコニコしながらこう話しかけてくる。

ブエノス ノーチェス(こんばんわ)

ケリーダ コモエスタス?(調子はどう?元気?)

日本では、もしかしたら「こんばんは」くらいは言う人もいるかもしれないけど(最近はもう居ないか…)「元気?」って言う人ってほぼ居ませんよね?

 

僕、こういう所が好きなんです。

 

まだ、ナイスな返しが出来ないから、もっぱら…

「シィー!(はい!)」としか答えられないけど…

いつの日か、ベーター降り際のメキシコ人を爆笑させ、、笑い過ぎてドアに挟まれた彼を「おいおい!笑い過ぎだぜ!勘弁しろよ!アミーゴぉぉ」的な言葉をペラペラ言いながら助ける!までを目標にスペイン語を磨きます。(なんのこっちゃw)

 

そして、、

昨年ヒットしたピクサーの映画

【リメンバーミー】

この作中でもありましたが、メキシコには

【死者の日】という風習(お祭り)があります。この世に生きとし生きる者がどうしても避けられないのが【死】な訳で、皆が皆、いつか訪れる死に向かって生きています。

死ぬってどう考えてもマイナスな考え方しか出来なくないですか?

 

悲しいし、寂しい。

 

なのに!だのに!ですよ?

 

メキシコの人達は死を恐怖するんじゃなくて、逆に死者とともに楽しく笑うんです。

 

こんな感じに死者のメイクや仮装をして…

 

日本のお盆と同じような位置づけなのに、楽しくパレードしたりして明るく祝う…

 

とにかく明るく…

 

 

祝う!!

 

 

だめ押し…w

 

てか

こういう発想が出来るって

超ポジティブ!!

じゃないですか?

 

メキシコの人。強いなぁって思います。

ドクロもお土産に普通にあるし。

 

 

この発想・メンタルを

本当に尊敬します。

 

 

 

そして最後に…

完全に仕事マインドなんですが…

 

まだカンクンに日本人の美容室はありません。もはや美容室飽和状態な日本とはまったく違う環境です。

この環境の中で美容師・経営者として戦ってみたい!という欲が物凄く強くなったんです。

当たり前だった日本の環境から未知の環境で紡いで行く。。

 

そしてまだそれは誰もやった事のない事。

 

怖い?不安?

沢山の人に聞かれた質問です。

なんだか僕は全然怖さや不安な気持ちがありません。

想い描いた事は諦めないで叶えてきたからだと思っています。

 

一部の人にはバカじゃないの?とも言われました。

 

確かに僕は大泉学園のTento-で働いている方が楽です。

 

気心の知れた長年のお客さん達と毎日、楽しい時間を過ごせるし

誰にも怒られないし

スタッフが僕の事を愛してくれているのが毎日伝わってきますし

言うなれば、僕は安定・安泰でした。

 

けれど、安定・安泰を求め過ぎる

自分なんてクソ食らえと思うんです

 

そんな物を求め過ぎていたら死ぬ時に必ず後悔します。

死ぬ間際にあの時ああすれば良かった…

なんて嫌じゃないですか

 

トップである僕がそういう気持ちを持って行動していかないとTento-は衰退していき、いつの日にか潰れてしまいます。

様々な本を読んだり、長年続いている会社は何故続いているのかを勉強した所、必ず新しい事に挑戦をしています。

怖いと思う事は当たり前な事で、ソコに囚われていては何も進まないし、夢なんか叶うはずもない。

 

初めてなにかを成し遂げていくには例(ルート)がないんだから作りあげて行くしかない。

 

失敗がどうした

ただ慣れていないだけ

 

織田信長、坂本龍馬、ジョン万次郎

僕が好きな日本の偉人達。

彼らだって失敗はたくさんあったはず。

当たり前じゃなかったモノをこの人達がきっかけで当たり前になっていった。

 

俺達の前に道など無い

俺達の後に道が出来る

 

これをしてきた人達です。

 

こういった事って正直面倒くさいんです。

日本は何故か前例がない事に寛容じゃない。

だから初挑戦する人に対して、ネガティブな言葉を投げかけて、その挑戦する芽を摘んでしまう。

 

だから、他の人や国に遅れを取ってしまうのに

日本の機械が凄い!テクノロジーが凄い!と、もてはやされて来たのは戦後、僕たちのじーちゃん、ばーちゃん世代が頑張って作ってくれた貯金のお陰なのに。。

 

もはやそれも中国や韓国がどんどん追い上げ追い越して行こうとしています。

大袈裟と思う人は大袈裟と思えば良い。

僕はその平和ボケした価値観では今あるものもいつかは失っていくと思っています。

 

 

 

ふー。。

また熱くなりすぎてしまった。

 

文字数も半端なくなって来たので、この辺にします。。

お客さんが、僕のブログを読むには気持ちがちゃんとしてない時じゃないと読めないって言ってました。

熱が過ぎるんでしょうね。

 

ごめんなさい。

 

来年からはもっとアホな事も書いて行きます。

 

さてさて、僕のこんな熱を受け継いでいる

店長 岩崎ユウヤ

副店長 向山カオリ

スタイリスト 伊藤マオ

アシスタント 相澤トモエ

アシスタント 中野ダイジロウ

全員が全員

大泉学園でめちゃくちゃ頑張ってます。

 

ほぼ毎日、皆とLINE電話で顔を見ながら話しをしているんですが目が今までよりも燃えています🔥(僕、5:00起きだけど…)

 

僕とショーコはTento-カンクン店を出す為にコツコツと頑張っています。

進展状況もまた書きますので楽しみにしていて下さい。

 

今年の僕のブログはこれで最後です。

今年もたくさんの人にお世話になりました。

ちょっと早いけど本当に本当にありがとうございました!

そして来年もどうぞよろしくお願いします。

 

日本は寒い寒い日が続いていると思いますが、どうぞお体にはご自愛ください。

 

ではでは最後はいつもの

 

テントーファイヤーーーーー🔥☀️

 

😎

 

↓ご予約はこちらから↓

☀️Tento- をお友達に追加☀️

友だち追加

☀️Tento- インスタグラムをフォロー☀️

Instagram