声を聴くこと聲を聴くこと、あなたはどちらの綿棒が好きですか?

友だち追加

Instagram

白い綿棒。黒い綿棒。

好きなのは結果がわかりやすい黒い綿棒だ。

ども。Tento-代表 山口晃です。

 

先日の定休日。僕は耳の先生になりました。

 

え?

耳鼻科の?

 

いやいや…

僕はアホたれ蔵でうんこたれ蔵なので、お医者さんは無理です。

 

じゃあ、なんの先生か?

美容師さんのを良くする先生です。

 

 
 

営業中や終礼など、いつもスタッフ達には

これはあーだ。あれはこーだ。と教育していますが、今回は社外の美容師さんです。

 

スタッフ以外の美容師さんに教えるというのはTento-がオープンする前…

 

なので…

ざっと2年半ぶりになります。

 

 
 
 

受講してくれた方々は23歳~47歳まで。

 

11人の方の耳をもっと良くする為、

カウンセリング講習をさせて頂きました。

 

僕はこの日、気合いが強すぎたのか

アフロになっちゃいました🔥

 

他の方にも「受けさせて下さい」と

嬉しいお言葉をもらえたのですが

会場がTento-だったので

キャパ的に11人が限界でした。

 

間に合わなかった方々

次回講習、楽しみにしていて下さい。

 

 
 

講習内容は料金が発生しているので詳細は

控えさせて頂きますが、僕なりの考えを

しっかりと伝えさせて頂きました。

 

 
 

皆さんがとても真剣に取り組んでくれたので、感動しました。

自分のスキルアップの為…

勉強する美容師達の姿。

 

あまり見たことないですよね?

 

皆、普段はそれぞれ違うお店。

 

それぞれ違うスタンスで働いています。

 

共通するのは1つだけ。

 

お客様を思う熱い気持ち。

ですね。

 

 
 
 

さてさて…

 

僕の持論では…

【カウンセリングはお客様の聲を聴く事】

だと思っています。

 

聲?

 

はい。読み方は「コエ」です。

音読みも「セイ」と読みます。

 

意味もと同じです。

 

なんでも昔の書き方らしいです。

 

意味も読み方も同じだけど

僕の中の【声】と【聲】は違うんです。

 

 
 

なんていうか、画数が多い分。

ずっと複雑な気がしてて。

 

端的に言うと、

【声にならないものが聲】

だと思っています。

 
 
 
 

 

昨年、2016年に映画化された

「聲の形」

映画はまだ観れていないのですが

原作の漫画は読みました。

 

なんか、僕、最近、泣いた話ばかりしていますが、数年前、この漫画を読んだ時も泣いてしまいました。

 

 
 

人が持っている影の部分や光の部分。

 

それが見事としか言いようがないほど、

絡み合い、構成されています。

 

誰しもが悩む所。誰しもが困る所。

 

そんな

「自分だったら?どうする?」

が随所にあります。

 

この作品を見て「聲」の漢字を知りました。

 

 
 

 

そして「声にならないものが聲」という考えも僕の中で生まれました。

 
 
 

 

表面上の声だけじゃなく複雑な内面の聲。

 

お客様の内なる聲。

 

その聲を知らずして形は作れません。

 


耳をすませば必ず聴こえる聲。

 

 
 

聲を聴く素敵な耳を持った美容師さんが

たくさん増えれば良いなと思います。

 

僕も、もっとお客様の聲が聴こえるように黒い綿棒でホジホジします。

 

受講してくれた皆さま。

どうもありがとうございました。

 

ぜひ!学んだ事を活かしてお客様を

もっと綺麗にしてください☆

 
 

 

それと今回の講習とは別件になるのですが

美容師アカデミーカミクルという

オンライン、オフラインもある講師をやることになりました。

 

動機は目をキラキラさせながらもっと上手くなりたい!と思っている若者達へ僕自身が培って来たモノを渡したい。

 

そうすれば日本の美容がもっと明るくなるのではないか?と思ったからです。

 

日本とか出てきて、ちょっと話が大きすぎるんじゃないか?と思われそうですが、

最近、美容師になりたい!と思う人が

凄く少なくなっているのが現状なんです。

 

 
 

理由はきっと華やかに見えるけど実は

大変そう…疲れそう…お給料安いでしょ?

 

とかだと思います。

 

 
 

けれど、僕は伝えたいんですよね。

 

美容師の楽しさを。美容師の可能性を。

 

輝く人がたくさん増えれば、美容師を

志してくれる若者がもっと増えてくれると

本気で思ってます。

 

そして、日本の技術、接客は世界の標準より高いんです。これは本当の話。

 

今のままだと、誇れるモノがなくなってしまう可能性もあると思ってます。

 

 
 

自分が19年間、お世話になっている業界への

恩返し的な所も踏まえ、講師として参加しました。

 

 
 

まだまだ始まったばかりのアカデミーですが、

これからどんどん人数は増えて来ると

思います。

 

興味のある方はぜひ、下のリンクを覗いてみて下さい。

http://biyoshi-academy.com/

では!!!

 

あ…

黒綿棒がきれてた…

買いに行こ

 






↓ご予約はこちらから↓

☀️Tento- をお友達に追加☀️

友だち追加

☀️Tento- インスタグラムをフォロー☀️

Instagram

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.