手紙 雲外蒼天

友だち追加

Instagram

お久しぶりの

代表 山口 晃です。

 

今回のブログは「手紙」を書きます。

 

それぞれへの想い。

 

 

では。

 

 

 

トモエへ

 

1984年に産まれたアナタ。

 

12月の寒い日でした。

妹が産まれると喜んでいた覚えがあります。

トモエは産まれた時から髪が多かったね。

眉毛も繋がっていました。

保育園、幼稚園の時期に家庭の事情で引越しが多かったね。トモエは覚えていないかもしれないが、アナタより4つ上の俺はその辺をよく覚えている。

両親のケンカを沢山見てきたし、それによって、俺も荒れに荒れていました。

それでお前にも迷惑をかけてしまった事。

 

本当に悪いと思ってる。ゴメン。

 

ほどなくして、母ちゃんが病になり、母ちゃんの身の回りの事を懸命にしてくれた事、とても感謝しています。男の俺にできない事を率先してやってくれていたもんね。

 

本当にありがとう。

 

母ちゃんの遺言から、アナタとアナタの息子をしっかりと面倒見ると約束し、

一緒に働く事になったあの日から4年半。

働く前とは裏腹にビックリするくらい、仕事が出来なかったね。

「30過ぎて、、今まで何やってたんだ。。。」

 

これが率直な感想だった。

美容の技術の事じゃない。

仕事に対する姿勢の事。

口から出るのは言い訳ばかり。怒られまいとして、平気で嘘をつく。。自己保身ばかり。本当は自信が無いクセに強がってしまう。だから真剣な話をするとすぐに泣く。

 

俺はある時から、心に決めたんだ。アナタに本当に強くなって欲しい。本当の自信を持って欲しいと。

その為には鬼になるって。

 

兄と妹。この関係を無くす様に努力した。

プライベートで兄としての優しさを出してもアナタはそれに乗じて、、甘えてしまう。

 

 

辛かったな。お互い。

 

 

それでも甘えてしまうアナタ。

どこかで兄と見ていたんでしょう。

仕事では俺は社長。アナタはアシスタント。

俺はアナタを庇う事、守る事にとにかく必死でした。

 

 

妹だから…と言われたくなかったから。

 

 

新たな道を見つけたんだから頑張りなさい。

お前が昔よく言ってた、「楽して生きて行きたい」

その想いじゃ無理よ。そして楽な道を選んでもキミが欲しいモノは手に入らない。

 

人生はそんなに甘くない。

頑張れ!

 

今まで色々ありがとう。

Tento-で学んだ事を曇らせないで生きていってね。

そして、アナタは、お母さん。

素敵な背中、めちゃくちゃ失敗している背中をソウタに見せてあげて。

なんかあったら何でも言っておいで。

 

p.s…俺の眼鏡に叶う男を早く連れてこい。

 

 

 

ユウヤへ

 

さて、お前には何を書こうか。。

出会ってからもう少しで13年。

21歳だった頃のお前を想い出すと立派になったね。

シャンプー練習で腰がぁぁってビービー言ってた頃が昨日の様だわ。

 

「晃さんがお店を出したら一緒に働きたいです」

 

この言葉を受けて、数年後に俺が声をかけた時、俺と一緒に働く事を決意したこと。本当に嬉しかった。

安定志向なお前が大手を辞めて来たんだからね。

そりゃ嬉しい。

 

あの時のお前の言葉。

「行ったら、晃さんを越せますか?」

 

「お前次第でしょ?越せると思うよ。」

 

これも嬉しかった。

だから越えて貰う為に色々教えて来た。

 

海外進出の時も

「僕がお店を守ります」

嬉しかった。

 

けれど、いつしかそんな気持ちが無くなってしまったね。

 

悲しかったな。

 

俺だって、まだまだ上手くなりたいと思っているのに、俺より若いお前からその気持ちや行動が見えて来ないってのはやっぱり悲しかった。

 

もっとセンスを磨く為にも

 

この本を読んでみ。あの映画めーちゃ良かったから見てみ。あの曲を聞いてみ。こんな服がお前に似合うよ。この人凄いカッコいいぞ、、、

手を変え、品を変えたけれど、

へー。ふーん。あ、そーなんですかー。と

無視され続けた毎日。

 

俺だけの言葉だけじゃ馴れ合い過ぎて通らないと思ったから、俺の周りの沢山の人にもアドバイスしてもらったね。

 

どれだけお前の中に届いているか、わからないけれど、お前の中に少しでも残っていてくれていたら嬉しい。

 

お前はソコソコは出来る様になりました。

 

けれど、これからもハサミを握って行くなら、こんな所で満足するな。

 

俺と過ごした時間を思い出せ。

技術に対して妥協するな。

 

もっとクリエイティブに。もっと繊細に。もっと時間を意識。

 

 

そしてもっと人と向き合う事。

 

 

追求しなさい。

美容の勉強をもっとしなさい。

サブカルの事も、一般常識も。

 

と、、まぁこれだけ書いても、1番長く俺と働いて来たから、もう耳にタコだろ。

 

毎日言ってた事だからね。

 

 

さて、これからだ。

「熱量が足りません」

なんて言ってられないよ。

 

もう俺はお前を守れません。

すべてが自分の責任。

誰も教えてくれない事がどれだけ恐ろしい事か。

身を持って経験して成長して欲しいと願うばかりです。

 

1番弟子なんでしょ?

今、できない事は他に行ってもできないぞ。

 

あとで、なんて言ってたらいつまでもできない。

もっと挑戦して、失敗して笑われなさい。

 

今の自分に満足するな。諦めるな。

お前なら出来る。

なんてったってイケメンなんだから!

 

頑張れ。

 

ほんとに今までありがとう。

 

 

p.s 俺を超えると言った目標を思い出して頑張れ。まだまだ負ける気はしないけどな笑笑

かかってこい!

 

 

ショーコへ

 

さて、、ショーコ。。。

天真爛漫。わがままさん。赤ちゃん。優しい人。

出会って約10年。結婚して5年には届かなかったね。

今、思い出しても出会った頃のショーコは酷かったなー。とにかく早口。どこでも大声。ド天然。大雑把。常識皆無。

 

そして、俺への猛烈アプローチが凄かった。笑

彼氏いたのに。。

 

 

そんで仕事に熱い。

 

俺と同じくらい仕事に対して熱量がある人。

女性では初めてだった。

 

「ワタシが支える」

「アキラとワタシなら最強でしょ!」

「未来が決まってないからワクワクする!」

 

この言葉があったから結婚した。

 

女性に振り回されない俺が、キミには本当に振り回されてしまった。

それだけ魅力がある人なんだと今でも思う。

一緒に仕事をやり始めて、なにか問題があればすぐに投げ出そうとするショーコ。

 

それを何度も止めて来たけれど、俺も限界だった。

 

ゴメンな。

 

 

仕事への想い。

夫婦としての想い。

お互いの価値観。お互いの愛の表現の仕方。

 

わかり合っていたけど、わかり合えなかったね。

難しかったなぁ。

 

お前の笑顔は周りの人をパッと明るくしてしまう凄い力がある。

 

1番近くで見ていたから、お前の事は1番よくわかる。

これからは1番近くの人にもその力をもっと発揮してあげるんだぞ。長崎のご家族にも。。本当に甘え過ぎなんだから。

 

 

最後に沢山泣いて謝ってくれて。

やっと、色々理解してくれて嬉しかった。

良い思い出を盛り沢山

本当にありがとう。

お前と過ごした10年は辛い事も多かったけど、幸せを沢山貰えました。お前が思う暖かい家庭を作れなくてゴメン。

 

p.s  子供沢山産んで幸せになってな

 

 

 

 

Tento-を愛する皆様へ

 

ここに至るまで、膨大な時間を費やしてきましたが、こうなったのはすべて代表である、僕の責任です。

 

僕達夫婦が好きな方々、応援してくれていた方々、お祝いをしてくれた方々。

すいません。そしてありがとうございました。

憎しみあって別れた訳ではなく、お互いの今後を考え別々の道を歩む事になりました。お互いがお互いの夢や人生を応援する関係に戻った形です。

何度も何度も話し合って来たのでお互いに後悔は無く、感謝の言葉ばかり言い合えています。だったら最初からって、、それが出来なかったんだから仕方ないですね。

 

どこかでショーコと会ったらお声をかけてあげてください。とんでもない笑顔パワーが返ってくると思います。

ユウヤもトモエも。是非お願いします。

この2人はショーコとは違い、まだ弱々しい所もあるんですが、自分で自分の人生の選択をしました。その覚悟がどれくらいか、、僕も応援する身として、とても楽しみです。

 

 

さて、

さすがに強そうに見える僕でも今回は相当、へこみました。

 

何度も勝手に涙が溢れました。

数年分の涙が出たと思います。

 

 

様々な感情が押し寄せて、退職する3人に対して、自分でも、とてもイヤな負の感情が心の中で一杯になっていた時期もありました。

 

 

近しい人と語り合い、己と向き合い、自分はどんな人間なのか。どんな仕事をしたいのか。どんな人間と共に働きたいのか。どんな会社にしたいのか。

 

どんな人生を歩んで行きたいのか。

 

ひとつひとつの事柄を紙に書き起こし、ひとつひとつを整理し、明確にしていきました。

 

負の感情に支配された心は次第に感謝の気持ちに移り変わって行きました。

 

そしてそれが次に繋がる一歩だという結論に至りました。

 

 

自分に対して悔しい気持ちはあります。

 

信じて貰える事が出来なかった。

 

俺の力はまだまだ未熟です。

 

誰もやった事のない事をする。

 

こんなデカイ夢があるもんだから、、なかなか信じて貰える事ができません。

誰かが決めた常識や固定概念の外にあるモノだから。

負荷がかかるとやれない人も出てくるのは仕方がない。

 

難しい。。

 

 

けど、俺ならやれる。

 

自分を信じています。

 

 

退職するスタッフに対しても、辞めて行くからどうでもいいなんて思えないのが、本音です。なんだかんだ言って、みんな俺が選んだ人達です。可愛いのはずっと変わりません。

この辺が甘いと言われたら、仕方ないです。

これが俺なんです。

損得だけで人は雇えません。

 

 

大切なのはそれぞれのこれから。

俺を信じて、ついて来るスタッフ達。

皆が夢に向かい燃えています。

 

今まで助けてくれた沢山の方々、応援してくれている沢山の方々。感謝しかありません。

 

ひとときの間、寂しくはなりますが、時間が経ち、振り返った時に笑い話になる様、皆様の応援を力に変え、スタッフ全員で邁進していきます。

 

Tento-の美容の力と人のパワーは

まだまだこれからです。

 

メキシコを諦める事もチラつきましたが、準備をしてきた事を考え、スタッフ全員で話し合い、続投する事になりました。

諦めません。

全員で覚悟を決めました。

 

僕は3月末に大次郎が待つカンクンへ旅立ちます。

勝手に日本美容師の代表と思ってバッチリ世界で戦ってきます。

 

 

これが強さも弱さも俺でありTento-です。

右肩上がりばかりの人生なんてやっぱり無いです。

生身で生きて行きます。

 

もし、コレを読んで本気で僕たちと働きたいと思ってくれる人が居たなら連絡をください。

お店でも僕でも良いです。

活躍できるチャンスです。

上っ面なだけな関係にはなりません。

アナタの夢はみんなの夢になります。

僕や残ったスタッフは人にきちんと向き合い、けっして、諦めません。

 

僕達は待ってます。

 

 

 

世界はコロナにやられてる。

負けない自分でいたい。

1番の敵は自分ですから。

 

皆様の心がすさまない様に。

皆様に幸あれ。

日々に感謝。

人々に感謝。

すべてに感謝。

 

ありがとう。

 

 

 

☀️Tento- インスタグラムをフォロー☀️

Instagram