5年後のカタルシス

友だち追加

Instagram

2020年。夏。7月17日。

つまるところ5年。5周年。

 

つまりは僕がお店、Tento-をオープンさせてから5周年を迎えることができました。

 

感謝しか無いお花たち

 

皆さんの気持ちが温かい

 

これはご来店してくださるお客さん、そして周りにいる皆さんのおかげでしかなくて、本当に感謝しかありません。

5周年を沢山の方々にお祝いして頂き、お客様からも「Tento-を作ってくれてありがとう!」というありがたいお言葉を頂き、僕だけではなくスタッフ全員が喜んでいます。

ひと昔前までは日本の株式会社の寿命は30年と言われてきました。それが現在の日本では10年と言われています。

その半分でしかない5年ですが、やはり僕には感慨深いものがあります。

 

まだまだこれからもTento-らしくお客さま、そして周りにいる方々を明るく照らし、綺麗に、笑顔にさせていただくという事は変わらないのですが、、、

もう1度あらためまして

 

みなさん本当に本当にありがとうございます。

 

安定の2文字は衰退

 

節目となった5周年。

改めて自分への戒めとして書き残しておきたいと思います。

 

1度しかない人生。

僕の母は56歳で亡くなりました。

 

僕と母の歳の差はちょうど二回り違いました。

24年後、もしかしたら自分も、、、、、そんな考えを最後の最後に母は僕に与えてくれたように思います。それならば、安定にかまけていないで、こうなりたい、ああなりたいという夢や目標に邁進するのが、この人生においての使命のような気がする。

 

「あの時こうやっておけば良かった」

「勇気を出せば良かった」

これはとある老人ホームでご自身の人生を振り返ると?のインタビューに答えた方の言葉。

 

自分が主人公。

それは誰のせいにもできない事を物語っている。

 

憧れるなら自分自身がその立場になればいい。

「アイツはイイよな」

「ワタシはそんな風にはなれない」

 

なんで自分で限界を決める?

他人の揚げ足を取る前に自分がナニモノかになる事に一生懸命になればイイ。

そうしたら他人をあーだこーだ言う暇なんてないはず。テメーはそんなに人の事、言えるほど自分の人生に対して一生懸命なのか。

めんどくさがるな。サボるな。恥ずかしいのなんか一瞬だろ?いらねえプライドなんて捨てろ。

 

最初からできる人なんて誰もいない。

やればできる。やり続けろ。

 

俺は死ぬ時にやり切ったなと感じて死にたい。

 

敵は己の中にあり。

 

打ち勝て。

 

経営者として

 

僕が誰かに雇われる事を辞めたのは、2010年だったから独立して丸10年になる。

30歳だった僕は今年で40歳になりました。

個人として5年、Tento-をオープンさせ、チームとして5年の丸10年。

 

たった10年されど10年。長い様で短いのが時間。

 

昨年の秋、社員たちの未来を考え個人事業主から株式会社に変える事にした。それぞれ個人で支払っていた国民健康保険を社会保険に。当たり前だけれど半分は会社が支払わなくてはならない。

 

個人から法人化するという事は他にも変更点はあるけれど上記のような覚悟を持たないと出来ない事。だからめちゃくちゃ悩んで考え、実行した。

 

これはその立場にならないとリアルにはわからない事。

社員達の個性を考え、日本の経済、海外の経済。美容業界全体を考え、美容のみならず、他の業種もやって行く事も決めた。

1つの業種にこだわり続けるとプロフェッショナルとして良い部分もあるけれど、それしか知らないが故に弊害も出てくる。

 

アタマが凝り固まる。

 

様々な業種を経験する事で幅広い考えができるようになる。今までは気づかなかった美容の事も違った角度から考えられるようになる。つまりはそれぞれにプラスになる事が増えていく。

 

僕は職人気質でこだわりが強い男。会社の中で1番、繊細だと社員達から言われる。変人。オタク。細か過ぎる。良い意味で凄い変ですね。努力型の天才。なんて事も言われる。

だから心が弱い人の気持ちがわからないんじゃないのか?なんて言葉も言われたり、アキラさんは特別だから、、なんて言葉もあったりした。

 

 

その度にこう思う。

わかってねーなーって。

 

入社希望の人が沢山来てくれてるからこの際に言っておこう。

イメージと違ってガッカリしてもらって結構。

 

僕はね、、皆が思うほど凄くない。

 

どれだけ不器用で、どれだけ失敗して来たか。どれだけ悔しくて惨めな思いをして来たか。どんだけ自分には力が無いと悔しくて泣いて来たか。

 

わかってない人たちと違う所は挑戦した数と失敗してきた数。

 

自信たっぷりに見えるかもしれないが、これはずっと挑戦と失敗の繰り返しをしてきたから。

やっとの思いで成功した小石みたいなものを一個一個積み上げて作って来たんだよ。そしてそれが今ではそこそこ標高のある山っぽくなっただけ。

器用な人はいっぺんに3個や5個積み上げていく。世の中にはそんな人がいる。本当に凄いし、

待ってろよと思う。

 

こんな僕だから、ずっとスタッフ達に対して向き合うスタンスは何一つ変わっていない。

うわべだけじゃなく、本質の部分で成長してもらいたいから。それぞれの山を作って欲しいから。

 

 

美容師のぼくらの前には必ずお客さんがいて鏡がある。

その鏡にはお客さんと自分が映っている。

うわべの技術や接客でお客さんを騙せたって、自分自身は騙せない。勘が鋭いお客さんなら必ず気づくしね。

 

だから、うわべだけ、口だけの社員には時間をかけて語ってきた。

 

それが俺のいちばんの愛。

 

んでこれさえ芯にあったら行動も変わってくるだろうからあとは結構なんでもアリなのがTento-。

 

社長なんてのはただの肩書でしかなくて自分が万事、万能だなんて思ってない。

それぞれの立場において、責任の大きさが違うだけ。挑戦して失敗を繰り返せば良い。ミスを恐れないでガンガンやって行こう。ただミスした後、謝るだけではダメ。次に繋げる為の反省を考えろ。

 

その責任は代表の俺がとる。代表の役目はこれ。

 

だからスタッフ達の声やお客さんの声を大切にする。それがスタッフ自身がお客さんの為、他のスタッフの為の事を思っての考えならば、俺は簡単に自分の考えを捨てる。

 

ニーズが第一優先。

成長する意思を大切にする。

やった上で良い結果が伴わなければ、また反省して挑戦すれば良い。

それせず、現状のなあなあ感で済ませる事。すいませんの一言で終わらせるほど、世間は甘くない。同じ事を繰り返さない。自分次第でチャンスはあるんだから。

 

最初はほんのちょっとしたチェンジ、だけど未来にとっては大事なチャレンジが毎日あると思えば良い。

カタルシス後の世界

今年は世界中のヒトが大変な事になった。

コロナ。コロナ。コロナ。

毎日毎日、イヤになるほど。

メキシコ・カンクンの出店計画もストップをしている状況です。

工事もほぼほぼ済んでいたのに、、悔しいのひとことしかない。終わりの見えない空家賃が垂れ流しの状態です。

あと少しでオープンだったのに、、こればかりは仕方がない。

この事態が収束しない限り、再びメキシコへGOのサインは出せません。誰が悪い訳でもなく、世界中の人々がそれぞれ苦しんでいる状況なのだから。

 

けれど、こんな状況だから「本当の力」をつける為に、Tento-のスタッフ達は「今」できる事に邁進しています。

 

大次郎はスタイリストデビューに向けてほぼ毎日朝8時から技術の練習、Tento-でスタイリストになる責任の重さと戦っています。

 

スケジュールが過密で頭がパンパンになっている。伸びしろしかない。若いのに骨がある男。それが大次郎。素直で純粋。真っ直ぐな目。たまにブラック大次郎もいるけれどww 彼がTento-の若頭。まだまだのくせにいつか店長をやります!と言える根性。尊敬する!いつもありがとう。

 

KAORIは店長としての責任を果たすべく、今まで僕がやっていた仕事をこと細かくやってくれている。

 

技術向上の為に、店長の役割の為にしつこいくらい僕へ質問の嵐。そして外部への講習へも参加する。技術だけではなく、店長は総合力がモノを言う立場。思考の幅を広げる為、日夜、難しい本を読んで勉強。みんなをまとめるチカラ、そしてそれぞれを伸ばすプロデュースの力をつけている。熱いパッション。それで良い。それが良い。

見た目だけではわからない本当の優しさがたっぷりとあるヒト。

 

NAOMIはメキシコ・カンクンへの未来を見据え、スペイン語の習得に向けて日夜勉強。世界的に認められるスペイン語試験のDELEという試験もつい先日一旦区切りがつきました。

そしてTento-の癒し。スパニストとしての躍動。その他、HPやSNSなどの外への発信の部分のスペシャリストとして頑張ってくれている。Tento-の裏方の柱。冷静・分析・情報処理なヒト。

 

経営者として、スタッフの生活を守る為、Tento-というお店が潰れない為、資金面で大きなリスクを背負いました。経営計画を真剣に考え、書類を作成しないと銀行だって国だって貸してはくれません。とにかく大変でした。。‥がこれが社長の仕事。。

やっと先月くらいから本格的に美容師としてサロンワークをしています。やっぱり現場は楽しい。久しぶりに会うお客さま、久しぶりに新規のお客さまも担当させてもらって、嬉しいです。

あ、そうそう僕、美容の勉強をもう一度始めます。今までの23年分の経験を1度ぶっ壊して。破壊なくして創造はできません。久しぶりにきっと怒られます。不器用ですから、、僕。。

今からとても楽しみです。

教わったらそれをスタッフにコツコツ教えます。

作品を世に残して行く事も決めた。

 

 

 

やっとこのカタチになった。

 

もうね、見えるんです。Tento-がさらに良いお店になって行くのが。やらされると感じている人が1人もいない。みんな真剣にお客さんの事、自分の未来と会社の未来を考えている。

 

本当の力ってこういう事だろ?

 

 

ぬるま湯に浸かり、あぐらをかいてしまったら終わり。

このコロナで様々な事が変わり、元々あったスケジュールの変更も余儀なくされています。

悔しい気持ちを割り切り、それぞれが「今」だからできる事を考え、それが未来の為になると皆が動いているTento-。

 

とても強いチームになりました。

 

 

まさにカタルシス。

 

Tento-に入社希望の方もあとをたたず、面接をひっきりなしにしています。もう少ししたら新しいスタッフが入社すると思うのでお客さんは楽しみにしていてください。

 

そして、大切なお知らせを。

オープンから5年が経った今。

Tento-は改装工事を致します。

「さらにより良い空間へ」

 

2020年10月予定。

詳細な期間はまたお知らせ致します。

 

来年はどうなる?

再来年は?

すべては責任感と行動力。

 

男たるもの口より行動を。

 

☀️Tento- インスタグラムをフォロー☀️

Instagram